警備員のアルバイト

 

警備員の仕事と言ってもいくつかの種類に分類することができます。大きく分けると、施設警備や交通誘導、雑踏警備などが挙げられ、それぞれによって仕事内容にも違いがあるのです。
はじめに施設警備の場合の仕事内容は、まず商業施設などにおける店内巡回が挙げられます。不審者や万引き犯、迷子などへの対応をするほか、時には困っている利用客に案内作業をすることもあります。その他にも施設警備の仕事では、警備室に常駐して、何らかのトラブルが発生した時に駆けつけ、緊急対応をするのも業務の範疇です。
続いて交通誘導の仕事内容ですが、いわゆる棒振り作業と呼ばれるものです。例えば工事中の現場での車の往来をスムーズにするべく、他のスタッフとの連携を取りながら誘導作業を行います。他にも勤務場所としてはショッピングモールやレジャー施設などの駐車場もあり、そういったところで同様の誘導作業を受け持つこともあるでしょう。
雑踏警備の仕事では、例えばイベントなどで人がごった返す中、滞りなく入場や退場ができるように誘導作業を担当します。
以上のように警備員は様々な場所で活躍する仕事です。バイトの場合は特別な資格や経験が不要なことが多くトライしやすい仕事と言えるでしょう。